モーティベーションはアップさせちゃダメ!必要なのは平常心。


スポンサーリンク

僕がよく話すんですが、売れている人気アーティストはテンションが低い人が多いって話。

厳密に言うとテンションのUP、DOWNが激しくない人。

スポーツ選手でも一流のアスリートはやっぱテンションのUP、 DOWNが少ないらしいです。

これって何かなってずっと思っていたんですが、テンションが高い人や、常にモーティベーションを上げなきゃいられない人って、そういった高いテンションやモーティベーションが続かないために、気持ちやコンディションのUP、DOWNがどうしても激しくなってしまい、その結果、仕事や行動の結果に波があり安定した結果が出せないってことになるんですね。

イチローが調子がいい時も、悪い時もいつも変わらずいることや、多くのアスリートが勝利の要因として平常心と言っているのも、このようなことからだと思います。

テンション高い人?、テンション低い人?

売れてるアーティストって普段どんな感じなんですか?
以前こんな質問をいただきました。

で、思いつく売れてるアーティスト思い浮かべてみたんですが、、、、、
結構よーく考えてみてみたんですが、、、、、、、、、、

みーんな、、、、、、普通。。

テンション特に高くもなく、かといってとりわけ低いわけでもない。。

これはそういった人たちが、ポジティブか?ネガティブか?って話にも繋がるんですが、

その答えも、、、、、、普通。。

特にバカみたいにポジティブでもなければ、そんなネガティブでもない。

これって深ーく考えると実は理にかなっているんじゃないかと最近思うようになりました。

一般的には、
ポジティブ思考、テンション高い人はGOOD。
ネガティブ思考、テンション低い人はBAD。

こんなイメージってありますよね?

でも必要以上にポジティブな人って、実は自分のネガティブさを一生懸命見せないようにしてるってことが結構多い気がしてます。

ネガティブな人も、何かにチャレンジする時に、失敗するのが怖い、恥をかくのがイヤ、で、それを隠すため、自分を守るために、ネガティブ思考を身につけて防御している。

これもつまるところ恐怖感から逃げるため。

そう、ポジティブもネガティブも、行き着くところは両方、恐怖からの逃げ!ってことが多いんです。

当然ながらポジティブの方が、ネガティブよりは何かにチャレンジしたり、トライする勇気はある人が多いので、若干ポジティブなほうがいい気はします。

でも一番いいのは、フラット、真ん中。

どっちにも偏らず自分自身がフラットな状態でいることなんだと思うんです。

人間の感情ってよく言われるように、振り子のように一つの方向に偏ると、反動で反対側に行っちゃうようになってるんですよね。

よくモーチベーションを上げる!とか言うけど、上がったモーチベーションは必ず下がりますからね。

下がったモーチベーションもまた上がることもあるし。

感情のブレが激しいと、当然ながらパフォーマンスの出来にバラつきが出ます。

だからこそ自分の感情はなるべくフラットにしておくことが、自分のパフォーマンスを上げるキモだと思います。

 

YATAX


あなたのビジネスを前進させる為に必要な、キャラクター(個性)の話、どうやって自分が活躍出来る領域を見つけるか、というポジショニング取りに関する話、自分のキャラとポジショニングを活かし、あなたのビジネスからどうやってキャッシュを生み出すのか、という個人ビジネスの仕組み化の話。

この辺りを知りたい方に向けた情報やアイデア、考え方などをお伝えするLINE@無料コミュニティーに是非ご登録ください!

YATAX 公式LINE@

おかげ様で120名突破!!(⌒▽⌒)(⌒▽⌒)

無料登録はこちらからどうぞ!

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

https://line.me/R/ti/p/%40qtk6338v

LINE@ ID → @qtk6338v

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です